ベラジョンカジノと旅カジについて

ベラジョンカジノとカジ旅紹介~online-casino-island~

スロプロをしていた過去

読了までの目安時間:約 2分

 

20代の頃に一家でスロプロをしている友人に出会いました。
ある日家でぼんやりしていると、今からパチンコ屋へ行って、友人の旦那が打っている台を1時間ほど代わりに打ってほしいと言われました。
タバコも吸わないし、ギャンブルらしいギャンブルもしたことない私でしたが一度だけ職場の友人に連れられてパチンコをしたことがあり、ビギナーズラックで3千円ほど
勝っていたので、スロットにも興味がありました。2つ返事でOKを出すと、パチンコ屋へ向かいました。
代わってほしいと言われただけあって、よく出る台で、常にボーナス状態。
初心者の私にスロットは常に出ているもの・・・という間違った情報を植え付けるのに十分でした。
翌日、仕事が終わってからその友人に誘われ家の近所のパチンコ屋へ行きました。
すすめられた台をすすめられるままにやりましたが、世の中そううまくはいかず6万円もすってしまい、大損。
ただ友人が2日間で20万稼いでいたので、笑顔で6万を補てんしてくれました。
「乗り打ちだから。」と言ってましたが、あまり意味がわかりませんでした。
その後、悔しさにスロット雑誌を買いあさり仕事以外はスロットの勉強をしました。
おかげで収支はあがり、その頃の月の給料が6万程度の実家暮らしでしたが10万以上豪勢につかっていました。
スロットはやめられないと言いますが、恐さもしっていたので、一人暮らしを気にきっぱりとやめました。
今でもたまにやろうかなと思うこともありますが、私にとってスロットはビジネスだったので遊びや趣味で手をだすつもりはありません。
いい社会勉強になったと、今では思っています。 

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed